成長ホルモンの分泌をアップさせる方法

成長ホルモンの分泌が減少し始めるのは30歳前後

 

成長ホルモンとは、アミノ酸からできたタンパク質。

 

幼児期には大量に分泌されて、
身長を伸ばしたり、筋肉を強くしたりするホルモンです。

 

大人になっても分泌は続き
健康な肌を作ったり、細胞の新陳代謝を良くしたり、骨を丈夫にしたり、
活力た性的能力も高めます。

 

また、免疫システム、記憶力、心肺機能を強化します。

 

30歳前後から徐々に低下していきますが、

 

睡眠不足・ストレス・運動不足・糖質の摂りすぎなどで、
低下を早めてしまう恐れがあります。

 

 

成長ホルモンと美肌にはどんな関係があるの??

 

ハリとうるおいのある健康で若々しい肌をつくるためには、
成長ホルモンの分泌が必須です。

 

成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠中。
睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌ができなくなります。

 

そのため、新陳代謝が遅くなり、肌のターンオーバーも遅くなります。

 

成長ホルモンが最も多く分泌されるのはいつ??

 

最も多く分泌されるのは、眠りに入ってから約3時間。
この3時間の間に熟睡することが大切!

 

成長ホルモンが分泌されると、細胞分裂が起きます。
この細胞分裂でハリとうるおいのある肌が生まれます。

 

その肌が生まれるまでは約6時間必要。

 

なので、6時間以上の睡眠を確保することが必須です。

 

忙しい方は、寝だめすれば大丈夫!と思いがちですが、
肌はまとめて再生できないので、なるべく6時間睡眠をこころがけましょう。